Posted by at

2014年01月10日

スマイルブログ第4弾・・・これから世界に羽ばたく若き中学生!

中1の山田君は去年の夏休み前に、お母様が(これから将来を担う子供達は
英語が出来ないとダメ!)と思われ、長男の零(れい)君をスマイル英語教室に
連れて来られたのが初めての出会いでした。

なんせ中学一年で、学校では まだたったの3ヶ月しか 英語を学んでないので、
文法どころか単語の数からして足りないしなぁ… と説明会の時に私(説明をする
大賀です)は ちょっと心配でした。



ところが その心配は全然 必要なかった! と思わせる展開になっていった事を
報告したく、今回のブログ登場となりました。(*^_^*)
山田君本人に聞いてみました。

1)… 習い始めた頃の感想を聞かせて。

きっかけはお母さんが「英語を今からやっとったらいいよ。これからは英語の
時代よ!」ってほとんど脅し文句に近い勧めと、僕も英語にはちょっと興味が
あった。
まぁカッコよくペラペラとしゃべってみたいなぁー って。でも習いに行くのは
めんどくさい…とも思ってた。



2)… それで 習いだしてからの感想は?

初めの頃は 他の生徒はみんな大人で 中学生は僕1人だし何を言ってるか
聞き取るのが全然わからんで困ったけど、先生が僕のすぐ隣に座って僕だけに
特別に英語を聞きながら、その原文(スクリプト)を見せてくれたので、 レッスン
回数が増えていく度に だんだんとスクリプトを見なくても なんとなく何を言って
るか分かるようになってきた。
完璧にセリフが聞き取れて意味がわかった時はちょっと感動だった。:D

3)… 年末つまり2学期が終わる頃は なんか良い事があった!(*^_^*) と
   お母さんから聞きましたが…?

うん、まず学期末試験の英語のテストで98点取った。( 英語で98点? すごい!)
しかも2学期の英語の通知表が 5 だった。通知表で 5 を取ったのは初めてで
すごい嬉しかった。:D
これは もちろん毎回レッスンの時にはお母様が連れて来て下さっているお陰です。
語学を習得するには かなりの'時間' がどうしても必要です。 それもかなり長い時間が。
だから習得するまでに諦めてしまう…
でも考えようによったら、1度習得してしまえば、その力は逃げては行かない ならば
習得するまで継続するしかない、まさに'継続は力なり!' に尽きると思います。
だから、山田君が '5'を取ったのも毎回、スマイルに連れて来られたお母様の力が
半分だと思います。



もちろん 山田君の中1とは思えないネイティブっぽい発音の良さと、やはり
基本的に英語が好きという理由は歪めないと思いますが…。
そして それを見ぬいたお母さんのお手柄ですよね。
子供は自分で何に向いてるかが、なかなかわかりません。そこで親が見抜いて
トライさせてみる必要があると思います。

最近は聞き取りだけでなく、文法やそれに関連して英作(とっさの一言)も他の大人の
生徒さん達に負けないくらい上達してきた事は明らかです。(*^_^*)
これからもっともっと伸びていく山田君に、私は今から(将来 山田君はどんな仕事をする
のかなぁ?)と、スマホでゲームをしながらレッスンを待っている彼を見ながら想像して
います。
(この事はお母さんに知られたら まずかった?山田君 笑)  


Posted by デザインはんこ at 11:40Comments(0)