Posted by at

2015年09月30日

ブログ第23 弾…去年2月にNYで仕事するために渡米した津田千春さんの帰国レポート!




パパとママの誕生日 (なんと二人の誕生日が同じ日なんです!) に家族全員で写真を撮りました。





今回は いつものブログと違い…

2014年.2月に、税理事務の仕事でニューヨークに行って、そして先週 福岡に帰って来た 津田千春さんのNYレポートです。


ちょうど1年半前の 寒い頃に

「せんせぇぇ…
ど~うしましょうぅぅ……
ニューヨークは 今
マ.イ.ナ.ス 20度 です…ぅ」

と最後はほとんど 泣き声に近い程の か細い声で
言ったあと、小さなため息をついて スマイルを出るのが津田さんの日課でした。


私は
「マイナス20度は もちろん可哀想だけど、
自分で選んだ道だし、 人間って そういう環境に置かれれば それはそれで なんとか対処する
“密かな力”があるし…
第一 その体験が なにより その人間を 強く賢くするし、何にも代えがたい経験だし…
今から始まるニューヨーク生活は 津田さんの人生にとって
本当に【プライスレス】だよ!」

と 励ます毎日でした。


津田さんが書いてくれた
“年表”によると…


その頃のスマイルのネイティブ先生は、アメリカ(テキサス)から来られていた【ケント先生】でした。

ケント先生はやさしい動物博士で、レッスン中には 動物に関する専門用語が、たくさんでで来て みんな やけに動物に詳しくなってて. 妙に楽しかったたのを覚えています。

例えば、“哺乳類”や“夜行性”などの単語や
“クロコダイルとアリゲーターの違い”など…

よく、生徒さん達は

「日常生活のどんな場面で“爬虫類”って英語を使うの?(笑)」

とか言いながら、よく覚えていました。

津田さんもアメリカ行ってから、スマイルのレッスンノートをまとめたら、学んだ動物関係の単語が 80もあったそうです!

そして、今 振り返ると、その頃にスマイルのレッスンでやってた

【とっさのひとこと】

などの実践的な学習が 津田さんには 本当に役にたった との事でした。


さぁ いよいよ 極寒のニューヨークに行くのですが……


ここから、津田さん本人に書いてもらいます。




去年のパパとママのバースデイパーティーは、ルームメイトと一緒にサプライズを企画!





こっぱずかしいながら 今回 ブログに登場させていただくことになりました。

先生のおっしゃる通り、出発前の当時は 楽しみどころか不安ばかり つのる日々...

そんな中、先生はじめ 一緒にスマイルで学んだ皆々様には、何度となく励まされ 感謝しても感謝しきれない私です。

この場を借りて
心よりありがとうございました。


さてさて、そんな不安のつのるばかりの中、
渡米前日も 不安のあまりスマイルの授業に参加した私。
最後にNY大好きの先生と写真を撮り、お守り代わりにそれを握りしめ、
いよいよスマイルを巣立ったのでした。


1月に渡米する予定が ビザがなかなか下りず、
結局 2月後半にビザが発行された為に、渡米の翌々日から出勤となりました。


ニュースで見ていたものの、職場近くの駅から40分ばかり、私の身長ほどもある“雪”と過酷な寒さ。

しかも高額の通勤費に、出勤初日にManhattanに住むのは断念し……

職場近くへ泣く泣く引越しを決め、握りしめてきた先生との写真をながめる私なのでした。


こうして始まったNY生活、職場近くに移り住むまでも、
実は JFK空港から乗ってはいけないタクシーを拾ってしまい$400請求されたとか、
銀行口座が開設できないとか、クレジットカードが使えなくなったりとか..

たった数日の間に たくさんのトラブルにあったおかげ?
で,渡米 数日後には
“何とかなるなる" の心境に至りました。
(全部書いたら一冊の本ができそうなので割愛)


NY州は意外にだだっ広く、Manhattan 以外にも高級エリアが存在。

なんと職場はその中の一つに位置し、シェアルームの家賃も ほぼ Manhattan 並みでした。

ルーム探しの間の滞在先にと 転がり込んだのは、職場の隣町にあるパパとママ、そしてパパのご両親の住む家でした。

まさかビザの切れるまでの18ヶ月間ここに住む事になるとは夢にも思わず...

家賃は隣町といっても高いし、英語のあまり話せない私は初日から Uncumfortable な日々を過ごしていたのでした。


渡米して数ヶ月間は 仕事が繁忙期ということもあって、ほとんどホストファミリーと会うこともなく、
シェアルームだからこれが当たり前と思っていたのですが、今 思えば当初から彼らは話せない私を 一人の家族として見ていたような...

繁忙期が落ち着くや否や 体調を崩し 長期の通院、その後 手首をボキッと折って手術する羽目になったり
また 顎を切って縫ってみたりと、
渡米後の "何とかなるなる" の強気はどこへやら..... そんな私が元気に今日も存在しているのは、ここのパパとママのおかげなのです。

数あるエピソードの中で、私は一生忘れない!
と思うのは、手術をした日の夜中のこと。

麻酔も切れて、グルル~と唸っているところに、帰宅した彼らは 一目散に私の所に駆け寄り、苦しそうな私を見つけました。

2人して オロオロなんとかしようとするのですが...
それがあまりに一生懸命な姿で 本当のパパママのようで、嬉し過ぎて 痛いのも忘れてしまいました。

この家で見つけたのはパパママ家族だけでなく、
シスターズ ブラザーズにも出会いました。

ホームステイのようなこの家、入れ替わり各国からのルームメイトがいました。
一番長く一緒だったブラジル人の ジャニチチカは、今でも尊敬する 私のお姉様です。

他にスキャンダルの絶えないイケメンのスイス人とか、旅行中に駆け落ちをしたフランス人とか、いろいろなブラザーもいました。
キッチンでみんなと過ごした時間が 懐かしいばかりの今日この頃です。

仕事上でもですが生活上、家のみんなと話せない もどかしさもあって、
特にジョーク好きのイタリア人パパから わけの解らない英語のジョークを言って、泣かされたのは数知れず...

だからと言ったらなんですが、
大学の英語クラスに週末 せっせと通い始めた私。
これもまた予定外に帰国月ギリギリまで通学しました。
学んでも学んでも満足できない 奥深い英語も理由の一つですが、

英語を第2言語として学びに来る各国のクラスメートと尊敬する先生方と過ごす時間がとても刺激的で、
言葉の壁で泣きそうな日々も 彼らあってこそ乗り越えられた...
と言っても過言ではありません。
あ"~卒業したくなかった~っ!
て叫びたいくらいです。

仕事に病気に、私を取り巻いていた環境は順風満帆とは とても言えなかったのに、
笑顔で帰国できたのは、本当に本当に良い人々に囲まれたおかげです。

救急車を呼ばれたり、
帰国させられそうになったり、言いたい事の全部を書いたらブログがパンクしてしまいそうなのでカットしますが...

クラスメートも言ってた通り、その人が生まれた国は関係なくて、"Depend on the person"だと思うのです。

私の尊敬するスマイルの先生含め、この大冒険で皆々様からいただいた私の一生の宝ものを、
少しでも恩返ししたいと願う Second cultur shock中(日本人だらけ←当たり前)の私でした。


締めは先生にお任せするとし…

どうぞよろしくお願いいたします。




お正月に着物を着たら、刀を持たされ なぜか撮影会に…(笑)
外国人の着物のイメージって謎~。刀なんかを所有しているパパも謎~。





津田さんが無事に帰って来て、本当に安心しました。

出発前より、精神的にも体力的にも 30倍はたくましくなったと思います。


大学での英語クラスでは、トップのクラスに在籍し、帰国前には 代表者として スピーチをした!
と写真を見せてくれました。


ほんと 良かったね!
素晴らしい経験が出来て。

その【逆カルチャーショック】が治った頃に、
また 渡米したい…
今度は あたたかい LA がいいな!!

と夢が尽きない津田さんの “NYレポート”でした。

Ms. Oga  


Posted by デザインはんこ at 19:57Comments(0)スマイル物語

2015年05月15日

スマイルブログ第20 弾……カナダの高校に行くと自分で決めた15 才の外尾君!






15才の外尾君がスマイルの説明会に たった一人でやって来て……

「あと1ヶ月で中学を卒業するので、
そしたらカナダの高校へ3年間行き、
そのあとアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)に行こうかと思っています!」

と あっさり言ってのけた時は、私は思わず

「 MIT って… あの…
あの 有名な MIT ??! 」

と 言うと、

「はいっ。 あのMIT です!」


この時に、(この子はMITがどんな所か ほんとに知ってるのかな… )と思っていました。(笑)



外尾君が話してくれた事を ざっと書いてみると…

まず、小学生の時は歴史が大好きで、得意学科は“歴史”だった。

歴史は実際に起こった事実。
それが、こう流れて行ったんだ……

と現実に起きた出来事を 想像するだけでも わくわくした。

数学は特に出来る方ではなかった。

やがて、中学に入り 勉強の仕方がわからず、成績が落ちて行った時に、
お母さんが
「塾へ行ってみたら?」とアドバイス。

そして、塾に行く事に。


塾では、数学と理科を集中して勉強する方法で…

やがて、気がついたら 数学と理科が一番 得意な教科になっていた。


ちょうど その頃 TVで(番組名は忘れたけど)、
たまたま “MIT” の事をやってたのを見た時に、

瞬間的に
【この学校に行きたい!】
と思った。

両親に相談したら、

「高校からアメリカの高校に行った方が、アメリカの大学(つまりMIT)に行くのは最良だとは思うけど、
高校から一人でアメリカに住むのは ちょっと心配。

だから、高校は比較的 安全なカナダの家庭にホームステイをし、現地の高校に行く。
そして その時に、英語も完璧にマスターし、その間にアメリカの大学の事も調べたらいいじゃない?」

で、出発までの数ヶ月間は スマイルに通う…

で、
僕が今 ここにいます(笑)。

と彼が言った時に、私は我に返り

“わぁ! 日本の中学生にも、 自分の夢を 即 実行に移す…
こんな勇敢な 中学生が いるんだ。”

と 感激したのを覚えている。





早速 スマイルでのレッスンが始まり、
彼は最初から 中学生とは思えないほど
上手な発音と、文法の熟知 そして すばらしい聴ききとり能力!

ただ 足りないのは、ボキャブラリーの数と、
本物のネイティブと話す経験が まだ あまりなかった事だけだった。

いくら音は取れても その単語の意味を知らないと 相手の言ってる正しい意味が分からないし、

自分で言いたくても 単語を知らないと
現実には 残念ながら
“言う事はできない”
のである。


なので、私からのアドバイスは…

★単語を出来るだけ たくさん覚える

(フレーズで覚えた方が、覚え易いし、即 使える)


また、アンディ先生からのアドバイスは…

★いくら文法が分かっていても、どういう時に、どういう言い方をするのか…
が解らないと会話はできない。

だから、外尾君は
文法などの基礎クラスを受講するより、

むしろ【ジョイクラス】を出来るだけ たくさん受講し、
実際にネイティブと話す訓練をする必要がある。


頭で理解しても
いざ ネイティブと面と向かって話すとなると 言葉となって、口から すぐ出てこない事もよくあるから……。


私は さらに尋ねてみた。
そして、希望叶って MIT に入り 好きな 数学と理科を勉強して、卒業したあとは 何がしたい?



「電気自動車の進化系を研究したり、太陽光発電機を開発したりしたい。

昼間の太陽が出てる時に、電気を集める。

地球規模で考えると、地球のどこかの国では
必ず太陽光があるわけだし、
作ったらプールして 世界中の国々がシェアして その電気を使えばいい…。


僕が電気に興味を持ったのは、たぶん おじいちゃんが電気関係 の仕事をしてたし、僕の父も家電関係の会社で働いているから、
自分も小さい頃から 興味があった。


その僕が一番興味を持っている事を教えてくれて、
そして.チャンスを与えてくれるのは…“MIT”なんです!」





インタビューを終えて、
以前のブログで中学生の山田君の事を書いた時に
つくづく感じた事を、また感じていた。

それは、この まだティーンエイジャーの子供達が話す
【希望】を
真剣に聞いてやり

その子を信じて

思いどおりに させてやる。

これは、言うのは簡単
だけど
実行するのは、本当にむずかしい と容易に推測できる。

つまり、この親がいて
この子供あり!

私は 外尾君のご両親に 称賛の拍手を贈らせていただきたい。


出発も あと2週間足らずになった今、
きっと 外尾君は 大きなスーツケースに
大好きなトランペット (中学の時に ブラスバンド部に入り 毎日練習したトランペットを、カナダの高校に行っても続けて やりたいのだそうだ. ) を 入れて、
そして 出発ギリギリまで 数学の勉強をしている事でしょう。

外尾君 がんばってね!!!


Ms,Oga  


Posted by デザインはんこ at 11:03Comments(1)スマイル物語

2015年03月10日

スマイルブログ18 弾……ミスユニバース九州大会2位に輝いた玉木里奈さん!





今日 紹介する人は、誰もが彼女に会った瞬間から 目が釘付けになってしまう 玉木里奈さんです。

それもそのはず、彼女は
2012 ミスユニバース
九州大会 準グランプリに選ばれた女性なんです。


まず、中学生時代の様子をインタビューしてみました。

「中学校ではテニス部に入り、毎日 真っ黒になって部活に明け暮れる スポーツガールでした。

勉強は あまり熱心なタイプではなかったんですが、
それでも 英検3級を受けて 筆記試験に受かり、2次の面接試験で初めて
“あー 英語をしゃべった!”
って実感したのが、
英語との出会いだったように思います。


高校に入ってからは、
どうしても 自分の車が欲しく
(??? はやっ!)

お寿司屋でバイトをして、最終的に100万を貯めて
卒業後には
30万で運転免許を取り、
70万で軽自動車を買いました!(*^_^*)

自分が“欲しい!”
と思ったら、
努力して 勝ち取る…

私の中には そんな性格が潜んでいるのかもしれません。(笑)






大学卒業後はエアラインの仕事がしたいなぁ~

と漠然とですが、考えていた頃に “モデルをしてみたら?”

とのアドバイスもあり、
モデル事務所に所属して
モデル業を行う中、
上手くやれず すごく悩んでいた時、ミスユニバースジャパンの本選でのキャンプの様子をTVで見ました。
私には 彼女たちが キラキラと輝いてみえました。
美しくて、強くて、堂々としていて、目標に向かって努力する姿。

そして、単純に 私も彼女たちのように輝きたいっ!
と思ったのです。


そして、大学3年の時に ミスユニバースに応募しました。

でも、その時は一次審査で落ちてしまったんですが、次の年に 再度チャレンジし、結果 九州大会の準ミスになったんです。


予選に受かり本選に向けてトレーニングするわけですが、その時に いろんな人と出会い ほんとにいろんな事を学びました。

ビューティーコンテストだけど、
なにも単なる“見た目”
だけじゃなく どちらかと言うと

“女性として、いや人間としての内面の美しさ”

を見つめて 追求する時間だったと思います。

もちろん ダイエットは必須だけど、ただ単純に
“食べない”のではなく
(人間がちゃんと健康で生きていくには、何を食べたら良いのか?

だって いくら痩せていても、不健康で 幸せじゃなかったら意味ないじゃん!)

そこから考えてみる…

この期間は いろんな人に出会い 視野が広がり、
そして 私にたくさんの事を教えてくれた貴重な時間でした。





実は 最近 このさき どんな仕事をしていったら良いのか、
はっきりと決まってないし…
ちょっと人生のトンネルに入っている状態です。

ファッションに興味があり、自分の感性から みんなに発信していく…

そんな仕事がしたいけれど、 それが職種として具体的にどんな仕事なのか?
また 安定した確かな収入になるのか?

などなど 課題は山積みで…

そんな時に
(あー 高校生の時にエアラインの仕事にあこがれてた… )

のを思い出し、スマイル英語教室に 無料体験レッスンの申し込みメールをしたのが スマイルとの出会いです。

スマイルの良さは

【レッスンに軽快なテンポとリズムがある!】

ということです。

あっという間の90分間!

どうせ勉強するなら 楽しい方がいいし,長続きもするし…

【継続は力なり】

本当に そのとおりですよね。
継続してこそ、真に身に付く…

これからの人生を大きく
羽ばたかせたかったら、
スマイルだ!!
と思っています。


レッスン時に

「転勤で 来週からアメリカに行きます」 とか

「あさってからイギリスに留学で行ってきます」とか

「南米を自転車で回って来ます。
ブラジルまで 自転車を飛行機に乗せて 行くので、今日パッキングしました。」 など

聞いていると、
ちょっと その辺まで 行って来ます… みたいに(笑)

そんなスマイルに通っていると、世界を手中に納めた(ちょっとオーバーだけど)気分にすら なれる。
(*^_^*)


来月は 人生初の TOEICを受けてみます。

これからも マイペースで やりたいことを どんどんと やっていきたいです!

(玉木里奈)  


Posted by デザインはんこ at 15:19Comments(0)スマイル物語

2014年06月02日

ブログ第9弾……ラップミュージックの歌詞の意味が知りたい!

僕はラップミュージックが大好きで よく聞くんだけど、彼らは英語でしゃべり
まくるし スピードは速いし さらに スラングが沢山あって、 ほとんど何を
言ってるかわからない。(T-T)

でも なぜか惹かれる…

いったい何をあんなに一生懸命 言ってるんだろう?
なんか…心からの叫び
(ちょっと大げさ(~_~;))

その溢れる感情をビートに乗せて、話すように流れていくリリックス。

彼らはいったい何が言いたいんだろう?

どうしても知りたい!!


で、それを解明するために 英会話教室を探すことにした。(笑)






ぼくの仕事は投資信託などの仕事を自宅でしてるので、時間は自由がきく。

けど、その代わり 深夜に ストックマーケット(株式市場)が開くから、それから
仕事して寝ると だいたい起きるのは昼の2時過ぎ。
それから スマイルに行くから、だいたい いつも3時半のクラスを受ける。

毎日 3時半クラスを受けても レッスン内容は必ず毎回違ってるし、
受講するメンバーも その都度 変わるので、楽しいし 飽きがこない。(*^_^*)






この【自分の好きな時間にレッスン受講できる!】

というのが、スマイルを選んだ 大きなポイントになったし、他の英語教室と
違うとこだと思った。

「あなたは初心者だから、木曜日の7時クラスです。」って決められたら、
習いたくても、その時間がダメなら意味ないし、
どんな予定になるか 先の事はわからないし…

「行きたい!」と思った時に行きたい。


また 例えば1ヶ月の旅行がしたい… って思った時に、スマイルなら レッスンを
受けてない期間の月謝は払わなくても いいし、たとえ払った後でも 旅行から
帰ってから レッスン受講に使える
この“振り替えレッスン”のシステムもあり、 払ったレッスン料は絶対に無駄には
ならない。

これって、クールじゃないですかっ ?!






もう1つのポイントは…

まず、英会話教室に“ネイティブの先生”がいないのは、本物の英会話教室
じゃないと思う。

ネイティブの言葉なんだから、やっぱり本物の発音や言い回し (これは いくら
日本人が頑張っても残念ながら ダメ…(~_~;)) を聴いて 会話の練習をしないと、
現実にネイティブを相手に会話ができない。
でも、ネイティブの先生だけの教室も充分じゃない。
なぜなら、例えば相手が何を言っているか分からないのに“会話”はできないから。
つまり、きちんと日本人講師から“ききとり”のトレーニングを受けないといけないと思う。
ただ何となくペラペラ言ってても、それが正しいかどうかを文法的に教えてもらう
必要があると思う。

じゃないと、
いつまでも“正しい英会話”は出来ない人になる…
(またまた オーバーで偉そうー。すんまっせん(~_~;))

つまり、ネイティブ講師と日本人講師の両方のきちんとしたレッスンを受けるのがベスト!
これも、スマイルは条件を満たしていた。
おまけに非常にリーズナブル。
この内容でこのレッスン料はあり得ない!(笑)

それで、最初の目的は“ラップ歌詞の理解”だったのが、
今は 外国人と英語で「あのミュージシャンのラップの内容をどう思う?」
みたいに、話ができたらいいなぁ~ と思っている。 (権藤)  


Posted by デザインはんこ at 09:35Comments(0)スマイル物語

2014年05月08日

ブログ第8弾…… 【50歳からの手習い (*^_^*) 】

週に4日はスマイルに行って英語の勉強をするのが.私の今の“生活スタイル”なんです。

まず朝 起きて午前中に仕事が無ければ、朝食後に志度をすませ 英語のレッスン用
ノートとすごく書きやすい お気に入りのシャーペン。
それと、英語の勉強に必要不可欠な“電子辞書”を 大好きなジャスミンティーの入った
ペットボトルと一緒に レッスンバックに入れて、学生時代に舞い戻った気分でスマイルに
行きます。





スマイル教室にはだいたい車で行きます。
30分走らせ 大名にある駐車場で一番安い… (たぶん)に車を置いて、
教室に入ったら 勉強モードまっしぐらっ!! (笑)

レッスンを午前中の2クラス続けて受講したら、近くのカフェか蕎麦屋さんで
ランチして また午後から1クラス(90分)のレッスンを受ける。

思いっきり英語の勉強をした 充実感と軽い疲労感…やはり強がっても、
実年齢にはかなわない… (~_~;)
でも この充実感と疲労感 そして大きな満足感はお金では決して買えない!!
何とも言えない“学ぶ事”の喜び。


学業を終えてからも、ずーっと“英語の勉強がしたいなぁー…”と思い続けて
来ました。
子育ても終わり 仕事も落ち着いて.今やっと思いっきり勉強が出来る!

ふとっ それを実行している現実の自分に気が付き、嬉しくてしようがない…
と感じたりします。





“習い事が出来る”ー こんな幸せな事はない! とつくづく思います。

まず心も身体も元気じゃないと出来ない。
友人で習い事をしたくても、健康を害した為に出来なく残念がっている人がいます。
そう考えたら、私は元気で こうして複雑な文法もまだまだ考える事が出来るし、
単語やフレーズも努力して覚えられるし…

それにスマイルは楽しくレッスンしているうちに自然に覚えてた って感じだし。 (*^_^*)
第一に“学びたい!”という気力が少しも衰えていないし…。


また経済的にもちょっとは余裕がないと習えない。

私は幸い 夫から
「英語をやりたかったらやれば。出来る時に勉強した方がいい。人間は一生
勉強すべきだよ。」と なんとも嬉しいお言葉を頂き…。





レッスンを受ける度に、
あ~ 文法って知ってしまうとこんなに楽しいことなのか…
こんな風に英作すればいいんだ…
聞き取りのコツなど…
少しづつだけれど 解ってきたように思います。今度は英検2級にチャレンジして
みるつもりです。
合格する自信は今のところ75%ぐらいですが…。


人間は学ぶ事に【幸福】を見出だす 唯一の動物だ と言われています。

今 学びたいって思う この時にこそ、出来るだけ沢山のことを吸収し 充実した
日々を送りたい! と願っています。

長い人生の この時を 私は“学びの章”と名づけました。
まだ当分は この章が続くと確信しています。

なぜなら、私は【スマイル英語教室】を見つけてしまったから… (*^_^*)

(竹下)  


Posted by デザインはんこ at 08:44Comments(0)スマイル物語