2015年09月30日

ブログ第23 弾…去年2月にNYで仕事するために渡米した津田千春さんの帰国レポート!




パパとママの誕生日 (なんと二人の誕生日が同じ日なんです!) に家族全員で写真を撮りました。





今回は いつものブログと違い…

2014年.2月に、税理事務の仕事でニューヨークに行って、そして先週 福岡に帰って来た 津田千春さんのNYレポートです。


ちょうど1年半前の 寒い頃に

「せんせぇぇ…
ど~うしましょうぅぅ……
ニューヨークは 今
マ.イ.ナ.ス 20度 です…ぅ」

と最後はほとんど 泣き声に近い程の か細い声で
言ったあと、小さなため息をついて スマイルを出るのが津田さんの日課でした。


私は
「マイナス20度は もちろん可哀想だけど、
自分で選んだ道だし、 人間って そういう環境に置かれれば それはそれで なんとか対処する
“密かな力”があるし…
第一 その体験が なにより その人間を 強く賢くするし、何にも代えがたい経験だし…
今から始まるニューヨーク生活は 津田さんの人生にとって
本当に【プライスレス】だよ!」

と 励ます毎日でした。


津田さんが書いてくれた
“年表”によると…


その頃のスマイルのネイティブ先生は、アメリカ(テキサス)から来られていた【ケント先生】でした。

ケント先生はやさしい動物博士で、レッスン中には 動物に関する専門用語が、たくさんでで来て みんな やけに動物に詳しくなってて. 妙に楽しかったたのを覚えています。

例えば、“哺乳類”や“夜行性”などの単語や
“クロコダイルとアリゲーターの違い”など…

よく、生徒さん達は

「日常生活のどんな場面で“爬虫類”って英語を使うの?(笑)」

とか言いながら、よく覚えていました。

津田さんもアメリカ行ってから、スマイルのレッスンノートをまとめたら、学んだ動物関係の単語が 80もあったそうです!

そして、今 振り返ると、その頃にスマイルのレッスンでやってた

【とっさのひとこと】

などの実践的な学習が 津田さんには 本当に役にたった との事でした。


さぁ いよいよ 極寒のニューヨークに行くのですが……


ここから、津田さん本人に書いてもらいます。




去年のパパとママのバースデイパーティーは、ルームメイトと一緒にサプライズを企画!





こっぱずかしいながら 今回 ブログに登場させていただくことになりました。

先生のおっしゃる通り、出発前の当時は 楽しみどころか不安ばかり つのる日々...

そんな中、先生はじめ 一緒にスマイルで学んだ皆々様には、何度となく励まされ 感謝しても感謝しきれない私です。

この場を借りて
心よりありがとうございました。


さてさて、そんな不安のつのるばかりの中、
渡米前日も 不安のあまりスマイルの授業に参加した私。
最後にNY大好きの先生と写真を撮り、お守り代わりにそれを握りしめ、
いよいよスマイルを巣立ったのでした。


1月に渡米する予定が ビザがなかなか下りず、
結局 2月後半にビザが発行された為に、渡米の翌々日から出勤となりました。


ニュースで見ていたものの、職場近くの駅から40分ばかり、私の身長ほどもある“雪”と過酷な寒さ。

しかも高額の通勤費に、出勤初日にManhattanに住むのは断念し……

職場近くへ泣く泣く引越しを決め、握りしめてきた先生との写真をながめる私なのでした。


こうして始まったNY生活、職場近くに移り住むまでも、
実は JFK空港から乗ってはいけないタクシーを拾ってしまい$400請求されたとか、
銀行口座が開設できないとか、クレジットカードが使えなくなったりとか..

たった数日の間に たくさんのトラブルにあったおかげ?
で,渡米 数日後には
“何とかなるなる" の心境に至りました。
(全部書いたら一冊の本ができそうなので割愛)


NY州は意外にだだっ広く、Manhattan 以外にも高級エリアが存在。

なんと職場はその中の一つに位置し、シェアルームの家賃も ほぼ Manhattan 並みでした。

ルーム探しの間の滞在先にと 転がり込んだのは、職場の隣町にあるパパとママ、そしてパパのご両親の住む家でした。

まさかビザの切れるまでの18ヶ月間ここに住む事になるとは夢にも思わず...

家賃は隣町といっても高いし、英語のあまり話せない私は初日から Uncumfortable な日々を過ごしていたのでした。


渡米して数ヶ月間は 仕事が繁忙期ということもあって、ほとんどホストファミリーと会うこともなく、
シェアルームだからこれが当たり前と思っていたのですが、今 思えば当初から彼らは話せない私を 一人の家族として見ていたような...

繁忙期が落ち着くや否や 体調を崩し 長期の通院、その後 手首をボキッと折って手術する羽目になったり
また 顎を切って縫ってみたりと、
渡米後の "何とかなるなる" の強気はどこへやら..... そんな私が元気に今日も存在しているのは、ここのパパとママのおかげなのです。

数あるエピソードの中で、私は一生忘れない!
と思うのは、手術をした日の夜中のこと。

麻酔も切れて、グルル~と唸っているところに、帰宅した彼らは 一目散に私の所に駆け寄り、苦しそうな私を見つけました。

2人して オロオロなんとかしようとするのですが...
それがあまりに一生懸命な姿で 本当のパパママのようで、嬉し過ぎて 痛いのも忘れてしまいました。

この家で見つけたのはパパママ家族だけでなく、
シスターズ ブラザーズにも出会いました。

ホームステイのようなこの家、入れ替わり各国からのルームメイトがいました。
一番長く一緒だったブラジル人の ジャニチチカは、今でも尊敬する 私のお姉様です。

他にスキャンダルの絶えないイケメンのスイス人とか、旅行中に駆け落ちをしたフランス人とか、いろいろなブラザーもいました。
キッチンでみんなと過ごした時間が 懐かしいばかりの今日この頃です。

仕事上でもですが生活上、家のみんなと話せない もどかしさもあって、
特にジョーク好きのイタリア人パパから わけの解らない英語のジョークを言って、泣かされたのは数知れず...

だからと言ったらなんですが、
大学の英語クラスに週末 せっせと通い始めた私。
これもまた予定外に帰国月ギリギリまで通学しました。
学んでも学んでも満足できない 奥深い英語も理由の一つですが、

英語を第2言語として学びに来る各国のクラスメートと尊敬する先生方と過ごす時間がとても刺激的で、
言葉の壁で泣きそうな日々も 彼らあってこそ乗り越えられた...
と言っても過言ではありません。
あ"~卒業したくなかった~っ!
て叫びたいくらいです。

仕事に病気に、私を取り巻いていた環境は順風満帆とは とても言えなかったのに、
笑顔で帰国できたのは、本当に本当に良い人々に囲まれたおかげです。

救急車を呼ばれたり、
帰国させられそうになったり、言いたい事の全部を書いたらブログがパンクしてしまいそうなのでカットしますが...

クラスメートも言ってた通り、その人が生まれた国は関係なくて、"Depend on the person"だと思うのです。

私の尊敬するスマイルの先生含め、この大冒険で皆々様からいただいた私の一生の宝ものを、
少しでも恩返ししたいと願う Second cultur shock中(日本人だらけ←当たり前)の私でした。


締めは先生にお任せするとし…

どうぞよろしくお願いいたします。




お正月に着物を着たら、刀を持たされ なぜか撮影会に…(笑)
外国人の着物のイメージって謎~。刀なんかを所有しているパパも謎~。





津田さんが無事に帰って来て、本当に安心しました。

出発前より、精神的にも体力的にも 30倍はたくましくなったと思います。


大学での英語クラスでは、トップのクラスに在籍し、帰国前には 代表者として スピーチをした!
と写真を見せてくれました。


ほんと 良かったね!
素晴らしい経験が出来て。

その【逆カルチャーショック】が治った頃に、
また 渡米したい…
今度は あたたかい LA がいいな!!

と夢が尽きない津田さんの “NYレポート”でした。

Ms. Oga  


Posted by デザインはんこ at 19:57Comments(0)スマイル物語

2015年08月08日

ブログ第22 弾…留学でオーストラリアに行った古川くん。




今年の春、スマイルに毎日 通っていた頃は、
いつも 遅刻もせずに教室に きちんと現れて
熱心に勉強していた古川君。

6月の中旬にオーストラリアのブリスベンに行って、
今はブリスベンでとても家庭的なホストファミリーの所に、ホームスティしながら 語学学校に行っている。


日本を出発する前に インタビューをさせてもらった。


ではまず、いつものように
1)
“スマイルのドアをノックするまでの経緯を”?


学校を出てから 福岡のモーターを作る会社で働いていた。

それなりに楽しかったけど、名古屋支店に勤務した時、
いろんな人たちと出合い
たくさん話をしていくうちに…

(このままの人生で
つまり日本以外の世界を見ないで終わるのは いやだっ!)

と痛切に思い、ワーホリに行く事に決めた。

オーストラリアのブリスベンに決めた理由は、自分の故郷(糸島)のように、近くに海があるから…



英語は学校で勉強しただけだから、会話がそう簡単にできるとは思ってなかった けど、
勉強すれば “絶対にできる!”

と確信してた。

なぜかと言うと、

高校受験の時に 中学の先生達が
「これまで受けた模擬テストの結果では、志望校は無理…。」
と判定をだされた。

でも、絶対に受かってみせる!
と僕は必死で勉強した。


結果、先生達も“無理だ”と言ってた志望校に、みごと合格したのだ!


あれ以来 何事も必死でやれは 必ず出来る !!

と信じている。


だから英語も、必死でやれば絶対に習得できる!と。

どうせ、英語の勉強するならば、
出来るだけ沢山のレッスン回数を受講したい!

なぜなら、語学を習得するには かなりの時間が必要なのは感じていたから。

ネットで沢山の英語教室を検索した結果
【スマイル英語教室】に
ピーンとくるものがあった….

さらに(受けたい放題)にすると、毎日 全クラスでも 思う存分レッスンが受けられる!

これは、自分が理想としたレッスン環境…

という事で、
スマイルに出会ったわけです。


2)
スマイルに来た 初めの頃の印象は?


前の職場はほとんど男性だったので、スマイルに一歩 足を踏み入れたら…

うれしくなってしまった。
なぜなら、生徒がほとんど“綺麗な”女性だったから。(*^_^*)


レッスン開始して、すぐに慣れていった。

最初は“英語の基礎”をすっかり忘れてしまっていたので、
思い出す作業のために、
【基礎クラス】や
【テキストクラス】を
中心に毎日受けた。

慣れてきたら…

その基礎力をたくさん使って自分の実力を試してみる
【総合クラス】や
【ジョイクラス】
に挑戦してみた。

【総合クラス】を受け始めた時は、

「 本物のネイティブと話すのって、こんなに むずかしいのか !!」

と思った。

単語だけ並べれば、なんとか僕の言いたい事は伝わる。

けど…

ネイティブの相手が
ものすごいスピードで、
僕の言った10倍の内容を返してくるので…

いったい、この人は何を言っているか?

それが解らないと、僕は何も言えない…(泣)

つまり、“ききとり”が出来ないと、ほんとうの会話は出来ない!


それがわかってからは、
くる日もくる日も
この難題で、しかも一番重要な
“ききとりクラス”
を受講したわけです。




3)
古川くんの子供の頃の様子と
これからの予定(希望)を教えて下さい。


小さい頃は 外を走り回る…
活発な子供だった。

10歳くらいの時は、世の中はゲームブーム、
僕も例にもれず ゲームに夢中になり
外を走り回るより、家の中で友達とゲームに夢中だった。


中学の時は 絵を書くのが好きになり…

今でも 油絵を描いたりしている。


大人になってからの趣味は小説などの読書や、映画を見ること。
どんでん返しがあるような映画が特に好き。


高校生の頃に、テレビで見た 【スイス】 という国に興味を持った。
二度スイスには旅行で行ったことがある。
初めてスイスを訪れた時は、
「あの絵はがきで見た風景と全く同じだ…」

と感動してしまった。


ワーホリでオーストラリアから帰ったら
次はドイツにワーホリで行きたい!

スイスは残念ながら、ワーホリの参加国になって いないから、
スイスに一番近いドイツに行こうと思っている。


………ここでインタビューはおしまい………


つい最近、古川君から
ブリスベンから報告メールが来て、

今 通ってる語学学校でする、英語の文法の試験で 毎回 高得点をとっている。
(すごいっ!!!)

そして…

なんと、スマイルで教えて下さった前の先生で、先月 お母さまの介護のために、急遽オーストラリアに帰国された アンディ先生と一緒に映画を見に行った!

と書いてありました。





ネイティブとペラペラと
喋れるようになった古川君が、
また あの やさしい素敵な笑顔で スマイルに遊びに来てくれるのを 私は楽しみに待っています。


Ms,Oga  


Posted by デザインはんこ at 13:30Comments(0)ワーキングホリデー

2015年06月15日

スマイルブログ第21 弾……ウエディングプランナーをしていた堀江さんです。




今月のブログの主人公の堀江さんに
「今回のブログを堀江さんにしたい!」
と申し出たところ、

彼女は…

「私はブログに載ってる他の人達のように…
留学しますっ! とか
ワーホリ行きます! とか
仕事で英語が要るので、がんばっています!
というものじゃないので、
私のことを書いても おもしろくとも 何ともないですよ。(笑)」

って返事が返ってきた.。

「堀江さんのそういう おごらない 謙虚な気持ちがすごく好きだし、そういうところを表せるように書きたい !」

と私は答えて 承諾を得たのです。


まず、どうして
“ウエディングプランナー”になったか?
そして それを9年間も続けてきた理由は?

という質問に…

「大学は法学部に行ったんですが、就職する時に考えてみたんです。

まず何より、私は 人と接するのが好き。

人と関わって何かを作り上げていく仕事がしたいなぁ~。

“ウエディング”
は 人生で一度だけ(たぶん?) の大きなイベント。

それを 結婚される お二人とゼロから作り上げていく…

最初は 全く形がないものを、だんだん形にしていく。
そして 最後に3人で デザインしたウエディングを完成させて披露する。

その時の 非常に大きな達成感と 心地よい満足感!

これを仕事としてやってみたい!!

と思い 就職しました。


仕事をスタートして、
だんだん慣れていったぶん、失敗は絶対に許されないから、ものすごい緊張感とプレッシャー。
そして、次から次へとエンドレスでプランしていかなくてはならず…

また、結婚されたお二人には喜んでもらえたかな?
と 終える度に心配する。

やがて 職場では一番ベテランになり、
新らしく入ってきた人達には指導をし、
無我夢中で9年間もやり続けてきた時に……

体調をくずしてしまったのです。

それに、やりきった!
という達成感や満足感があったし
この辺で ちょっと
“人生のひと休み”がしたいなぁー

いろんな外国にも旅行したいし…

ということで、退職しました。




退職してからは、ずーっとやりたかった “海外旅行”にせいをだし(笑)
フランス、 スペイン、ハワイ、ラスベガス…

などを旅行しました。

フランスで行った モンサンミッシェル が 荘厳な感じでとても気に入りました。
これからは、ニューヨークやペルー、そしてボリビアのウユニ塩湖に行ってみたい!


だから、今度 仕事するなら、旅行代理店みたいな所で働いてみたい と思っています。」



「ところで、自分の“ウエディング”はどんなのが理想ですか?」


「シンプルでいい…。
家族や友人などの 大切な人達が集まり、
美味しい料理と みんなの笑顔があれば, それだけでいい。」






最後に、スマイル英語教室に入った理由と感想は?


「これからも 世界中を旅行してみたい!
と思っていたから、英語は必要だし、学生時代から好きな教科だったし、
ウエディングプランナーを退職したら 習ってみたいものの、第一候補でした。

ネットで探した時に、

1)…自分の好きな時間に、好きなクラスを選び受講できる

2)…受けたい放題ならば、非常に安く 思う存分 英語の勉強ができる

3)… 他の人がバリバリできて、自分だけ出来なかったら どうしよう…
という心配は、説明会と体験レッスンを受けた時点で消えてしまっていた。


まだ習い始めて2ヶ月あまりなのに、ずいぶん昔から習い続けてるような錯覚をおこすくらい 教室に馴染んで、
そして何より、レッスンそのものが 楽しいです。

英文を考えている時に、先生が弾かれるピアノの響きが
なぜだか

“あ~ 今 私は英語の勉強してる。
うれしいなぁ~。”

を実感させてくれる好きな瞬間なんです。


秋が来て 再就職するまでの
“人生のひと休み” の間に リラックスして友達と旅行したり 家族と美味しいものを食べに行ったり、もちろん スマイルで英語をがんばったり…

したいです。」


いつも スマイルが素敵な堀江さん。
スマイル教室で楽しんで 英語の勉強をして下さいね。(Ms. Oga)  


Posted by デザインはんこ at 09:34Comments(0)

2015年05月15日

スマイルブログ第20 弾……カナダの高校に行くと自分で決めた15 才の外尾君!






15才の外尾君がスマイルの説明会に たった一人でやって来て……

「あと1ヶ月で中学を卒業するので、
そしたらカナダの高校へ3年間行き、
そのあとアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)に行こうかと思っています!」

と あっさり言ってのけた時は、私は思わず

「 MIT って… あの…
あの 有名な MIT ??! 」

と 言うと、

「はいっ。 あのMIT です!」


この時に、(この子はMITがどんな所か ほんとに知ってるのかな… )と思っていました。(笑)



外尾君が話してくれた事を ざっと書いてみると…

まず、小学生の時は歴史が大好きで、得意学科は“歴史”だった。

歴史は実際に起こった事実。
それが、こう流れて行ったんだ……

と現実に起きた出来事を 想像するだけでも わくわくした。

数学は特に出来る方ではなかった。

やがて、中学に入り 勉強の仕方がわからず、成績が落ちて行った時に、
お母さんが
「塾へ行ってみたら?」とアドバイス。

そして、塾に行く事に。


塾では、数学と理科を集中して勉強する方法で…

やがて、気がついたら 数学と理科が一番 得意な教科になっていた。


ちょうど その頃 TVで(番組名は忘れたけど)、
たまたま “MIT” の事をやってたのを見た時に、

瞬間的に
【この学校に行きたい!】
と思った。

両親に相談したら、

「高校からアメリカの高校に行った方が、アメリカの大学(つまりMIT)に行くのは最良だとは思うけど、
高校から一人でアメリカに住むのは ちょっと心配。

だから、高校は比較的 安全なカナダの家庭にホームステイをし、現地の高校に行く。
そして その時に、英語も完璧にマスターし、その間にアメリカの大学の事も調べたらいいじゃない?」

で、出発までの数ヶ月間は スマイルに通う…

で、
僕が今 ここにいます(笑)。

と彼が言った時に、私は我に返り

“わぁ! 日本の中学生にも、 自分の夢を 即 実行に移す…
こんな勇敢な 中学生が いるんだ。”

と 感激したのを覚えている。





早速 スマイルでのレッスンが始まり、
彼は最初から 中学生とは思えないほど
上手な発音と、文法の熟知 そして すばらしい聴ききとり能力!

ただ 足りないのは、ボキャブラリーの数と、
本物のネイティブと話す経験が まだ あまりなかった事だけだった。

いくら音は取れても その単語の意味を知らないと 相手の言ってる正しい意味が分からないし、

自分で言いたくても 単語を知らないと
現実には 残念ながら
“言う事はできない”
のである。


なので、私からのアドバイスは…

★単語を出来るだけ たくさん覚える

(フレーズで覚えた方が、覚え易いし、即 使える)


また、アンディ先生からのアドバイスは…

★いくら文法が分かっていても、どういう時に、どういう言い方をするのか…
が解らないと会話はできない。

だから、外尾君は
文法などの基礎クラスを受講するより、

むしろ【ジョイクラス】を出来るだけ たくさん受講し、
実際にネイティブと話す訓練をする必要がある。


頭で理解しても
いざ ネイティブと面と向かって話すとなると 言葉となって、口から すぐ出てこない事もよくあるから……。


私は さらに尋ねてみた。
そして、希望叶って MIT に入り 好きな 数学と理科を勉強して、卒業したあとは 何がしたい?



「電気自動車の進化系を研究したり、太陽光発電機を開発したりしたい。

昼間の太陽が出てる時に、電気を集める。

地球規模で考えると、地球のどこかの国では
必ず太陽光があるわけだし、
作ったらプールして 世界中の国々がシェアして その電気を使えばいい…。


僕が電気に興味を持ったのは、たぶん おじいちゃんが電気関係 の仕事をしてたし、僕の父も家電関係の会社で働いているから、
自分も小さい頃から 興味があった。


その僕が一番興味を持っている事を教えてくれて、
そして.チャンスを与えてくれるのは…“MIT”なんです!」





インタビューを終えて、
以前のブログで中学生の山田君の事を書いた時に
つくづく感じた事を、また感じていた。

それは、この まだティーンエイジャーの子供達が話す
【希望】を
真剣に聞いてやり

その子を信じて

思いどおりに させてやる。

これは、言うのは簡単
だけど
実行するのは、本当にむずかしい と容易に推測できる。

つまり、この親がいて
この子供あり!

私は 外尾君のご両親に 称賛の拍手を贈らせていただきたい。


出発も あと2週間足らずになった今、
きっと 外尾君は 大きなスーツケースに
大好きなトランペット (中学の時に ブラスバンド部に入り 毎日練習したトランペットを、カナダの高校に行っても続けて やりたいのだそうだ. ) を 入れて、
そして 出発ギリギリまで 数学の勉強をしている事でしょう。

外尾君 がんばってね!!!


Ms,Oga  


Posted by デザインはんこ at 11:03Comments(0)スマイル物語

2015年04月11日

スマイルブログ第19 弾…楽しくて素晴らしいレッスンをして下さるアンディ先生!




今月のブログは 今までとは ちょっと違い、
“スマイルでみんなに 英語を教えて下さっている ネイティブ先生”
にスポットライトをあてました。

名前は【アンドゥルー】

スマイルではみんなから
【アンディ先生】と呼ばれています。

約1年前に オーストラリアから 福岡県出身 の奥様と共に 日本に来られました。


私(Ms.Oga)の初対面の印象は

“おぉ! なかなかカッコいいっ!”

でした。(失礼!)


「最近 ギターの練習を始めたんだ… 」

とオーストラリアアクセントで 少し はにかんで
見せていただいた写真
(その時は今より髪がもっと長かった) は

“けっこう素敵!”(*^_^*)


以下は アンディ先生とのインタビューの内容です。

1)… まず アンディ先生の趣味は何ですか?


趣味はいくつかあるけど、そのうちの一つに…
今 住んでる ここ福岡の天神では出来ないけれど、
【天体観測】が趣味で、オーストラリアにいた時は
大きな本格的な望遠鏡を持っていて、
ジュピターやサターンを見たりしたよ。(すごいっ!)

その望遠鏡は大きすぎて、福岡には持って来られなかったけど…(泣)



2)… スマイルの教室に初めて入った時の第一印象は?

オーストラリアにいた時に かなり のめり込んでた(笑)趣味の一つに
“大工仕事” がある。

自分のオーストラリアの家も、ほぼ自分で改装したぐらい 自分でいうのもなんだけど、かなりスキルフルだと思う。

その観点から見て… スマイルは勉強しやすい環境のインテリア 雰囲気だと思った。

設備的にも、大きな木材のテーブルや
アロマ (みんなの頭がすっきりとし 英語の勉強がはかどるように、グレープフルーツの香り)
が常に香っているし…

僕にとっても 気持ちよく また効率的に教える事ができる
良い教室だな… が第一印象。


生徒さん達も お行儀がよく…
ちょっと お行儀良すぎて レッスンの時に、もう少しどんどんと しゃべってほしいなぁ~
と 思うこともありますが…。
(苦笑)







3)…ここでズバリ、どうすれば英語がうまくなりますか?


まず きちんと【基礎力】をつける!

基礎力がないと、
例えば“単語”を覚えてないと、しょせん 英会話は出来ないでしょ?

そして 文法や 文の“骨組み”を正しく理解していないと、
聞きとった時に いったい相手は何が言いたかったか?
が わからない。


また、リスニングの きちんとした 正しい訓練 を受けないと、会話はできないと思う。

いくら自分がぺらぺらとしゃべっても、
そのあと相手がいったい何を言ったか?
が解らないと、会話は成り立たないから。
(T_T)

スマイルでは、この肝心な
【基礎力】を解りやすく 日本語で説明してくれる。

これは、ネイティブだけのレッスンからは 期待できない内容だよね。


そして…


この【基礎力】をつけたら、さぁ いよいよ 僕の出番!

その身につけた【基礎力】を使って、実際に目の前にいる ネイティブ(つまり僕)と話してみる。

勉強だけしてても、実際に会話をしないと 使い物にならないからね。

文法はあまり気にせず
どんどん話す!

僕の出したテーマやクエスチョンに 正確に言えてなくても 文法が間違っても全然かまわないから
“どんどん バンバン” しゃべる!

(そう言えば、アンディ先生はレッスン中に みんながしゃべりやすいように、 冗談言ったり 面白い日本語を言ったりして、みんなを笑わせたり リラックスさせたりしてるんだ…
って事に気づいた)


こうして 本物の会話能力がついていくんだ!!

「アンディはいつもレッスンの事を考えているんですよ。
明日はこんな風にしてみようかな?
どうやったら、みんなが話せるようになるかな?
って…」

(とインタビューの時に、奥様が横から教えてくださいました。)








4)… 話がガラリと変わりますが、日曜日はいつもはどんな事をされていますか?


僕はクリスチャンなので、教会に行って 牧師さまと話をするのが、好きなんだ。
彼は 僕と同じ オーストラリア人で 年齢も近いので、話しも とても興味深い。

話し合ってる間に、いろんな事を教えてもらったり、勇気をもらったり…。
そして その事が、明日からの自分の人生に 大きく影響してくる…。

素晴らしい時間なんだ!


5)… 日本とオーストラリアのライフスタイルの違いは?


人にもよると思うけど、
日本人はまじめに働き まじめに勉強する。

なにか本当にエンジョイする事をしてるの?
って聞きたいぐらい。

その点 オーストラリアの人は 楽しんで自分たちの人生をすごしている。

仕事もそこそこで…(苦笑)

やっぱ 人間 生きるなら 人生を楽しまずして 何になるの?

これって 人生において 大事だと思わない?


と、15才の少年のように 目を キラキラさせて 日本人の私に 課題をひとつ与えて下さり、インタビューを終えました。

(Ms.Oga)  


Posted by デザインはんこ at 12:28Comments(0)

2015年03月10日

スマイルブログ18 弾……ミスユニバース九州大会2位に輝いた玉木里奈さん!





今日 紹介する人は、誰もが彼女に会った瞬間から 目が釘付けになってしまう 玉木里奈さんです。

それもそのはず、彼女は
2012 ミスユニバース
九州大会 準グランプリに選ばれた女性なんです。


まず、中学生時代の様子をインタビューしてみました。

「中学校ではテニス部に入り、毎日 真っ黒になって部活に明け暮れる スポーツガールでした。

勉強は あまり熱心なタイプではなかったんですが、
それでも 英検3級を受けて 筆記試験に受かり、2次の面接試験で初めて
“あー 英語をしゃべった!”
って実感したのが、
英語との出会いだったように思います。


高校に入ってからは、
どうしても 自分の車が欲しく
(??? はやっ!)

お寿司屋でバイトをして、最終的に100万を貯めて
卒業後には
30万で運転免許を取り、
70万で軽自動車を買いました!(*^_^*)

自分が“欲しい!”
と思ったら、
努力して 勝ち取る…

私の中には そんな性格が潜んでいるのかもしれません。(笑)






大学卒業後はエアラインの仕事がしたいなぁ~

と漠然とですが、考えていた頃に “モデルをしてみたら?”

とのアドバイスもあり、
モデル事務所に所属して
モデル業を行う中、
上手くやれず すごく悩んでいた時、ミスユニバースジャパンの本選でのキャンプの様子をTVで見ました。
私には 彼女たちが キラキラと輝いてみえました。
美しくて、強くて、堂々としていて、目標に向かって努力する姿。

そして、単純に 私も彼女たちのように輝きたいっ!
と思ったのです。


そして、大学3年の時に ミスユニバースに応募しました。

でも、その時は一次審査で落ちてしまったんですが、次の年に 再度チャレンジし、結果 九州大会の準ミスになったんです。


予選に受かり本選に向けてトレーニングするわけですが、その時に いろんな人と出会い ほんとにいろんな事を学びました。

ビューティーコンテストだけど、
なにも単なる“見た目”
だけじゃなく どちらかと言うと

“女性として、いや人間としての内面の美しさ”

を見つめて 追求する時間だったと思います。

もちろん ダイエットは必須だけど、ただ単純に
“食べない”のではなく
(人間がちゃんと健康で生きていくには、何を食べたら良いのか?

だって いくら痩せていても、不健康で 幸せじゃなかったら意味ないじゃん!)

そこから考えてみる…

この期間は いろんな人に出会い 視野が広がり、
そして 私にたくさんの事を教えてくれた貴重な時間でした。





実は 最近 このさき どんな仕事をしていったら良いのか、
はっきりと決まってないし…
ちょっと人生のトンネルに入っている状態です。

ファッションに興味があり、自分の感性から みんなに発信していく…

そんな仕事がしたいけれど、 それが職種として具体的にどんな仕事なのか?
また 安定した確かな収入になるのか?

などなど 課題は山積みで…

そんな時に
(あー 高校生の時にエアラインの仕事にあこがれてた… )

のを思い出し、スマイル英語教室に 無料体験レッスンの申し込みメールをしたのが スマイルとの出会いです。

スマイルの良さは

【レッスンに軽快なテンポとリズムがある!】

ということです。

あっという間の90分間!

どうせ勉強するなら 楽しい方がいいし,長続きもするし…

【継続は力なり】

本当に そのとおりですよね。
継続してこそ、真に身に付く…

これからの人生を大きく
羽ばたかせたかったら、
スマイルだ!!
と思っています。


レッスン時に

「転勤で 来週からアメリカに行きます」 とか

「あさってからイギリスに留学で行ってきます」とか

「南米を自転車で回って来ます。
ブラジルまで 自転車を飛行機に乗せて 行くので、今日パッキングしました。」 など

聞いていると、
ちょっと その辺まで 行って来ます… みたいに(笑)

そんなスマイルに通っていると、世界を手中に納めた(ちょっとオーバーだけど)気分にすら なれる。
(*^_^*)


来月は 人生初の TOEICを受けてみます。

これからも マイペースで やりたいことを どんどんと やっていきたいです!

(玉木里奈)  


Posted by デザインはんこ at 15:19Comments(0)スマイル物語

2015年02月12日

スマイルブログ第17 弾……いつもさわやかな阿比留ちなみさん

今月は2月…
外国では「日本で一番寒い月」と紹介されている月。

でも、今回のブログの主人公
“阿比留ちなみさん”がスマイルの教室に入って来ると、
私(Ms,Oga)は なんだか 心が
ほぁ~っと暖かくなる。

なぜか、彼女がいるだけで 周りの人も 癒され 思わず微笑んでしまう…

そんな素敵な魅力を 持った人なんです。





そんな彼女が 初めてスマイル英語教室に来たのは、なんと 彼女がまだ高校生2年生の時。

体験レッスン前の説明会の時に
「あなたが英語を習いたいと思っている理由は何ですか?」

と、尋ねると
「エアラインの仕事に就きたいからです」

と、はっきり答えたのを覚えています。

と いうのは、私は月に平均して30人くらいの人に、同じ質問をするのですが、
はっきりと自分がなりたい職業を具体的に すぐに答えた高校生は あまり いなかったからです。


その後 スマイルに入会し、エアラインを目指して 日夜 英語の勉強に励み、その努力が実り、
某大手エアラインのグランドホステス(地上係員)に就職したのです。

しかし、彼女は英語の勉強を続けていました。


航空会社で働くというのは、時間帯や仕事内容からみて とても大変な仕事です。
朝5時に出勤… なども日常茶飯事だし、ヒールを履いて ずーっと立ったまま 笑顔で (たとえ苛立つお客様にも?)対応し、くたくたになる。
それでも彼女は、 スマイルにやって来ました。

それが もう何年も続いて…。
これには ほんとに感心させられます。

なぜ、勉強を続けているのかと問うと、

「自分の可能性を広げるために 勉強しているんだと思います。

自分が してみたい!
興味を持った事を 実行する時に、 語学力がないから出来ない……
とは したくないんです。

人生はこれからだし、
なんか “やりたい!”を見つけたら、どんどん 突き進んでみたい。

その時に 英語力がないからチャレンジできなくなるのが 嫌なんです。





今 一番近くて興味ある事は、来月 1人で1週間 ニューヨークに行って、本場のカップケーキ作りの講習会に参加することです。

ホテルも マンハッタンとブルックリンに 安くてきれいな所を予約したし…
ホテルの予約するの 大好きっ! (*^_^*)

そして来年の春からは、
カナダに3ヶ月間のインターンシップ と 語学学校、 そして
そのあとに 1年間のワーホリに行く予定です。

今 言った どの場面でも、英語が出来ないと 全く意味ないし、
本当には楽しめない。

つまり、私のこれからの人生において
英語は“必須”ってこと なんです!

それには、スマイル英語教室が“必須”(笑)

たった1ヶ月でもスマイルでレッスンを受けてみれば、
どうして 私が10年近くも 通い続けているか…?

が きっとわかると思いますよ。」

と、いつものように
さわやかな 幸せな 空気を残して 教室を出ていきました。


  


Posted by デザインはんこ at 09:45Comments(0)

2015年01月08日

新年をかざる スマイルブログ 第16弾は……


中学3年生の時に
【福岡市 中学生英語スピーチコンテスト】 で みごと優勝した
森田理央さんです。





1)
まず、そのコンテストの事をおしえて下さい。


2013年 8月に福岡市主催の「福岡市中学生英語スピーチコンテスト」があり、応募しました。

応募する事になったのは、中学3年になった時に“ある本”を読んだのが、大きなきっかけでした。

その本の題名は 『宇宙への秘密のカギ』です。

読み進むうちに、この本の著者である
“スティーブン ホーキング”に とても興味を持ち 調べたところ、 彼は 筋萎縮症 で さらに彼の言葉に
「幸せな生活に、体の不自由は関係ない」

と書いてありました。

この言葉に大きな衝撃を受け、私がもし筋萎縮症ならば、 とても こうは考えられない!

いったい彼はどんな人で、なぜそう感じる事ができたのか…
と思いました。


読んでいくうちに、私も宇宙に強い興味を持ちました。

そして、
『私は宇宙飛行士になりたい!
宇宙飛行士になって 私達の星 つまり “地球” を宇宙側から見てみたい !!
それには、英語力が必要だ… 』

と思い、スマイルに行き着いた(笑) というわけです。


もちろん、優勝した時に
私の英語もなかなかいいかも…
だって、福岡大会で優勝したのだから。

これが 私が “もっと徹底的に英語を学びたい!
上手になりたい!”

と思った理由でもありました。






去年の8月始めに母とスマイル英語教室を訪れました。

場所的に学校のすぐ近くで、交通の便がよいので、
学校から帰宅の途中にスマイルに立ち寄り、レッスンを受けるという生活が始まりました。


2)
スマイルのレッスンはどうですか?


オーストラリア人のアンディ先生は、すごく解りやすく 時には“おもしろい日本語”も使い 説明して下さいます。

中でも楽しいのは【ボードゲーム】で、チームでやるゲームです。

例えば 15秒間に アフリカの国を4つ言う。
とか、 Bから始まる形容詞を4つ言う… などですが、
私が言えないと、同じチームの他の人が助けてくれる。

チームワークでワイワイと楽しく戦いながら、単語を沢山覚える。

また レッスン内容が.1回づつ違ったりするので、
先生の説明をちゃんとリスニングしてないと参加できないし、楽しめないから、集中して聴くことになる。

それでも、わからない時は 他のよく聴き取れる人が教えてくれたりするので、うれしいし 勉強になる。

去年の秋に受けた 英検2級も 受験のために そんなに勉強しなくても合格しました。
(*^_^*)


リスニングは、訓練を受けた時間に比例して 聴き取れるようになる。

どんなに 素晴らしいレッスンでも、時間が短いと ちゃんと聴きとれるようにはならない。

これは本当だと実感しました。

スマイルでは、楽しんで過ごしているうちに むずかしい (ききとり) も自然にやっていた…
って事だと思います。





3)
これからはどうしたいですか?

実はあれから、いろいろ考えたり、回りの人達の考えなども含めて 今のところ出した結論は……

宇宙飛行士ではなく(苦笑)
国連に入って働きたい。
と思っています。

【宇宙】ではなく【地球】で、恵まれない子供達を少しでも救う仕事がしたい…
と考えています。

まだまだ未知数なので これからも考えながら、与えられた環境のなかで、出来る限りの努力をしようと思っています。


(森田理央)  


Posted by デザインはんこ at 18:03Comments(0)

2014年12月01日

12月スマイルブログ第15 弾は……

来年の1月からカナダのトロントに語学留学する 西村弘子さんです。







1)それを決めた理由はなんですか?

看護師の仕事を5年間してきて、今 ここで人生のステップアップしたい… と思い カナダ行きを
決めました。

ワーホリで行く事も検討しましたが、1年間のワーホリから帰って来ても、正直言って英語が
そんなに上達したとは思えない(失礼!)…人達をたくさん見てきたので、私は行くなら本当に
きちんと話せるようになりたい!
と思い、まず

『本物の正しい発音のネイティブ語学学校』に行こう と決めました。

また この5年間 一生懸命仕事をしてきた自分への
“ごほうび”として。
(*^_^*)


2)
なぜカナダのトロントですか?


どうせ行くからには、本当に英語が上手くなりたい!
トロントは日本人が少なく 英語を喋らないと伝わらない と聞きました。

英語を喋らないといけない…
英語を使わざるを得ない

そういう 状況に身を置かないと、日本人とシェアハウスで暮らし いつも日本人と一緒にいて、
毎日 日本語だけしゃべっても、留学する意味がない!

と思ったからです。

また、私の大好きなニューヨークにも近く、トロントは治安は良いし 勉強する環境にはぴったりだし、
カナダ人のおおらかな そして ジェントルな国民性に触れてみたいと思いました。

アジアの都市にも安い留学学校が沢山ありましたし、留学代理店から 勧められたりもしましたが、
お金よりも なによりも きれいな英語が話せるようになりたいっ!

と強く思ったからです。






3)
スマイルに決めた理由は?

まず、みんな同じように ネット検索したら、スマイルが最初に
【ピーン!】ときた教室だったからです。

説明会を受ける前から、

なんか良さそう…っ。

長く続けられそう!

また、私は仕事の時間が不規則だから、何曜日の何時と決められたら、絶対無理だし。
でも その点、スマイルは自分の好きな時間が選べるし、
【入会金なし】の
【6000円】と
破格だったので…(笑)


なにより、説明会を聞いて 教室のコンセプトや、自分の英語力を上げるには 何をどうすれば良いか…
を具体的に教えてもらえたところが、
“ここしかない!”と思った 大きな理由です。

よく カフェ英会話とか受ける人達がいるけど、
まず、きちんとした基礎が出来てないのに、外国人としゃべっても、あまりレベルアップしない…
と感じていたから。

スマイルは私が求めていた教室そのものだったし、
実際にレッスンして、さらに実感しました。






4)
これからの将来の希望的観測をおしえて下さい。


留学から帰ったら、また再び看護師の仕事に戻る予定ですが、今度は英語を使って看護の仕事をするような職場…
例えば、インターナショナルな病院(必ずしも福岡とは限らない)や、
『国境なき医師団』や
『青年海外協力隊』 なども 視野に入れています。

でも、人生なにが起こるかわからないでしょっ ?!
(*^_^*)

いづれにしても、今 スマイルで学んでいる事は、
私の人生を大きく変える
【原動力】になることは 確かです。


(西村弘子)  


Posted by デザインはんこ at 09:50Comments(0)

2014年11月01日

11月スマイルブログ第14 弾は・・・・・・・

【オーストラリアに行く豪華客船のスタッフメンバー】の石田ルミさんです。





1)…… なぜ 豪華クルーズ乗務員の仕事を選んだのですか?

私が専門学校生の時、
私の父の 好きなTV番組に
“世界の船旅”という番組があり
世界中を船で旅をする内容で、
よく一緒に見てて

「なんか 楽しそうだなぁ~!
あんなふうに船で暮らしながら いろんな国の人と友達になり、
実際にこの目で 世界を見ながら旅が出来たら、
なんて素敵だろう!」
と感じていました。


また私は(国際ホテル専門学校)を卒業したので、
ホテルの業務と海外旅行が同時にできる 今の仕事を選んだのです。


2)…… その仕事と英語との“つながり”は?


私が働いている会社は外資系の会社なので、送られてくる書類は全て英語です。
また船に乗船される御客様も海外から来られる方が多いので、
仕事中はほとんど英語を使います。

私の担当は(日本のリラクゼーションとしてのお風呂)というものなので、
世界の人々に 日本式お風呂の楽しみ方や 効能などを英語で説明しなくてはいけないので、英語がなくては始まりません!(笑)

この仕事を始めてから 逆に私が(日本のお風呂って最高じゃん!)って思ったりします。





3)…… スマイル英語教室を知った経緯は?


インターネットで英会話教室を探している時に、真っ先に目に止まりました。

【15日受け放題1万円?!】
1万円だけで毎日 全クラスを受けてもOKなのっ!??

が最初に受けた感想です。
これが本当だとしたら、これほど 安い英会話教室は他にはなかなか見つける事はできない!
その翌日には、説明会を受けている自分がいました。(笑)


4)… スマイル英語教室の特徴は?

とにかく楽しい!!

楽しみながら 新しい単語を増やす事ができ、
間違えている部分は 先生が1人づつ 丁寧に直して下さるので、
自分の成長がよく分かります。

【ジョイクラス】では、
ネイティブ先生との生きた会話の実践の場で、
チーム戦でゲームをしたり 地図の見方(もちろん聞き取りのトレーニングです)
その後のロールプレイ… 例えば地図を見て、みんなで shopに着いたとします。
そうしたら、そのshopでのロールプレイ(ネイティブ先生が店員さんで私達が買い物に来た客)をしたりします。
この練習は、外国旅行したら 直ぐに使える英会話だし、即戦力のあるレッスンだと言えます。




(ダイヤモンドプリンセス号のアートギャラリーにて)


5)… これからの将来設計は?

高校3年生の時に参加した USAサマーキャンプ in長崎で、自分の英語力の未熟さにあきれて 途中で進路変更し、留学制度のある学校を選びニュージーランドへ行きました。

そこで、国際交流. 異文化交流の楽しさを知り もっと他の国を知りたい… と思い 今の仕事に就きました。

これからも この仕事を大切に続け また日本の良さを沢山の人に知ってもらいたいと思っています。

(石田ルミ)  


Posted by デザインはんこ at 10:47Comments(0)

2014年10月01日

10月スマイルブログ第13弾は……


【私の人生を変えてくれたイギリスに“アロマ と 英語”の勉強に行く】と決めた濱谷裕恵さんです。



1)…今年の12月にイギリスに行くとの事ですが その目的は何ですか?


”本場イギリスで自分の言葉でアロマを勉強したい”
2012年に初めてイギリスに行って以来、数回にわたって短期留学をしてきました。

滞在中は 英語学校に通いながらアロマの施術を受けたり、アロマのプロコースに参加したり…。

そんな中、前回の滞在中にロンドンで
”これは?!” と思う 特別なセラピストに出会いました。

彼にもう一度会って施術を受けたり、レクチャーを受けたい と思ったのがきっかけです。

7月中旬に帰国して 準備がバタバタですが、12月に決めたのは・・
一生に一度、ヨーロッパのクリスマスを経験してみたいからです。



2)… そのアロマの勉強をしようと思ったきっかけは? なぜアロマを?


10年ほど前、突然襲われた原因不明の体の痛みで数年間 寝たきり&車椅子の生活を送ったことがあります。
一歩もベッドから動けず、痛みで気持ちが塞ぐ中、
唯一私を助けてくれたのは自然の香りでした。

優しい自然の草花の香りには、気持ちを切り替えたり、自然治癒力を上げる力があることを自ら体験。

それ以来アロマに興味を持ち、インターネットで世界中から香りを集めるようになりました。

それから時間はかかりましたが、実際にスクールに行くことができるほど回復。
今では海外にも行けるようになりました。






3)… なぜイギリス?
イギリスの良いところは?

主な滞在先のロンドンの印象ですが、古い伝統と新しくてモダンな建物、多国籍なたくさんの人。

新旧古今東西の 美しくて面白いものが,ごちゃごちゃ詰まったおもちゃ箱のような街が魅力。

そしてイギリスの国民性・・周りを気にせず自分を尊重するところに自由を感じます。

”アロマの本場”ということでイギリスに興味を持ち始めたのですが、
実際にイギリスに行くと、どこか懐かしいものを感じて幸せな気持ちになる… 私にとって不思議な場所です。


4)…イギリスに行くために どんな英語の勉強をしていますか?


スマイル英語教室に出会うまでは週に1~2回英会話スクールに通い、文法、ライティングなどは独学で学んできました。

英語の上達は...
どれだけ自分を英語の環境に置くかだと思っているので、携帯や身の回りのものは言語を英語に変えたり。

だんだんレベルアップするにつれ、言葉や文法のニュアンスを深く学ぶには 外国人の先生だけでは難しい…
そう感じていた時、
偶然【スマイル英語教室】に出会いました。

スマイルでは 日本人の先生が、間違いやすい(文法や言葉のニュアンス)を丁寧に教えてくれます。

さらに 外国人の先生と
(たくさん喋る実践のレッスン)もあり、アウトプットの練習も万全!

こんな 充実したレッスンが
【受け放題のコース】もあり、本当に良心的で太っ腹な学校だなぁ…と思います(笑)。

最近 気づいたんですが、先生が特に力を入れている”ききとりクラス”。

ここでみっちり【ききとり】のコツをやったおかげで、以前より ラジオや映画など ネイティブの速さの英語も細かく聞き取れるようになっていました。

それは、ほんとにうれしい驚きでした!
(^O^)







5)…これからの具体的な計画をわかる範囲で。


最初は アロマを勉強したいと思ったところから始めた英語ですが、今ではアロマと同じように
(いや、それ以上に?!)楽しくて仕方ない(笑)

英語を使って 自分の知らない世界を見たい。

そして もっと深く自分を表現して,いろんな国の人と心を繋げたい。

そのためにも 英語をマスターしたいです。

今後は 積極的に英語の資格に挑戦していくつもりです。
将来は, 英語やアロマを使って人と繋がる仕事をしていきたいと思っています。




アロマのスクールの仲間。いろんな国の人と友達になった!



濱谷裕恵  


Posted by デザインはんこ at 10:29Comments(0)ワーキングホリデー

2014年08月30日

ブログ第12弾......【9月のブログは…… 】

長年の夢だった「海外でのアート活動、更なる研究をスウェーデンで!」と語る
武内貴子さんにインタビューをしました。



1)…… いつからアートに興味を持ったんですか?

小さな頃からものをつくったり、描いたりすることは大好きでした。本格的にやり始めたのは、大学
の美術科に入学してから。そこで現代美術に興味をもち、大学院ではさらに専門的に勉強して、現在
アーティストとして活動しています。




タイトル「OMUSUBI」
日本現代美術展「REFUGEES」2009年12月
Kulturens hus Lulea (スウェーデン)



2)…… 自分の作品を簡単に説明して下さい。

現代美術、主にインスタレーション作品をつくっています。日本では伝統的意味性をもつ「結び」と
いう言葉。その「結び」をテーマにした作品で、布を蝋で加工したオリジナルの素材を結ぶことで空間を
構成。人が入り込めるような大きな作品も作ります。美術館やギャラリーなどではたまにワークショップも
行っています。



3)…… 武内さんのアート(作品)はどんなところで発表されましたか?

九州では、福岡アジア美術館や熊本市現代美術館などの美術館。アルティアム(イムズ)や博多
アミュプラザ、博多阪急、リバーウォークなどの商業施設。大名小学校や住吉神社能楽殿。
九州以外では、青森国際芸術センター、海外移住と文化の交流センター内ギャラリーなど他、札幌、
東京、大阪、神戸、名古屋。
海外は、スウェーデン、韓国、中国。ホワイトキューブではない空間、例えば、古い銀行跡地や教会、
ホテル、日本家屋、とにかく特徴や歴史がある場所で多く展示しています。場所のリサーチからいつも
作品制作がスタートするからです。




「Gentle Sparkle」
九州アートゲート 博多アートステージ 2011年11月
JR博多シティ アミュプラザ3F



4)…… なぜ “スウェーデン”なのですか?

きっかけは、2010年にスウェーデンで展覧会をしたことからです。アーティストとして活動している
友人たちもいて、私の良き理解者のキュレーターもいてアーティストとして並行して行っている美術
教育も実践させてもらえるからです。ロンドンやニューヨークの大都市ようにアートマーケットなどが
大きいわけではないけどとても自然豊かで、文化に対するレベルは高く、私のアートコンセプトにも
しっくり。ここで活動してみたい!と今まで訪れた国の中で一番強く思いました。



5)…… スウェーデン語ではなく、なぜ“英語”を習う事にしたのですか?

スウェーデン人はほとんどみんな英語を話すことができ、いつも英語でコミュニケーションをとって
います。なので、出発までに少しでも英語を上達させたいと思い英語を習う事にしました。






6)…… なぜスマイルを選んだのですか?
そしてスマイルの良い点を。
(I hope...)

とにかく安く、自分のスケジュールで自由に勉強できる!
それがスマイル!

カフェ英会話など安いものもありますが、単語を並べるに精一杯で自分の間違いをきちんと認識
し、なぜ間違いでなぜこうなるのかという細かいところまでをその場で理解するということまで
には至りません。

でもスマイルでは、日本人の先生が、基礎からしっかり教えてくれ、それを実践できるネイティブの
先生とのクラスもあります。

90分授業というのも気に入っています。
しっかり英語に向き合える時間で、書いて、聴くだけでなく、その場で発音の確認をし、1人1人に
発音させてくれるので、その場で単語やフレーズを覚えることが出来ます。

90分は本当にあっという間、一方的でなく本当に参加している、勉強していることを感じさせてくれる
レッスンです。

本当にこんなに良心的な英語教室はないと思います。
もっと早くに知っていれば… と毎回思っています。
シンキングタイムの大賀先生のピアノ演奏もとても気に入っています。
リラックスさせてくれて、なんか自由でいいですw

(武内)  


Posted by デザインはんこ at 10:47Comments(0)ワーキングホリデー

2014年08月06日

ブログ第11弾......【やっとアメリカのビザがもらえたっ!! 】


やったーっ!!!

ついに アメリカ滞在ビザの申請がおりた!!

ずーっ と この日を待っていた… 3年前にロサンゼルスで彼と出会ってから。

ホントにうれしいっ!


“ロサンゼルスで2ヶ月くらいのプチ留学をしよう!” と決めたのは3年前。
そうと決まれば、良い英会話教室を探さなくちゃ!

私の良い英会話教室の条件は…
1)
出来るだけ早く喋れるようにしてくれる(笑)

2)
レッスン料が出来るだけ安い。
だって たくさんレッスンを受けたいし、語学はレッスン時間に比例して話せるように
なると言われてるから。
ちゃんと英語が話せるようになりたいから…。






3)
レッスン内容の充実!
これが一番 重要ですよね。
例えばマンツーマンのような、毎回レベルの低い(その時の私のレベルでは…)
単なる日常会話を繰り返しても ぜんぜん前には進まない と思っていたし、
きちんと基礎から学びたかったし、
正しいリスニングのトレーニングを受けよう!
と思っていた。


4)
交通の便も良く(地下鉄赤坂駅から歩いて たった2分) もちろん教室の雰囲気も
バッチリであること。






5)
教えて下さる講師の方たちが、自分の好きなタイプじゃないと…
( ちょっとわがままな私)

で、探した結果~ ?

見つけました!(*^_^*)

それが…スマイル英語教室でした。






あと2週間で いよいよ出発です!

やっと 彼のところに行ける。
私が来るのを辛抱づよく待っててくれた。
そして、まだまだ ちゃんと聞き取れない私に、超ゆっくりと英語を話してくれる
優しい彼のところに…

ロサンゼルスに行っても、もちろん 語学学校に通います。
そして、本当に“心の通じる会話” が出来るようになりたいです。


(藤田)  


Posted by デザインはんこ at 10:23Comments(0)ワーキングホリデー

2014年07月05日

ブログ第10弾......【ワーホリでオーストラリアに行く予定です。(*^_^*) 】



私は昔から 海外に住みたいっ! と ずーっと思っていました。
だから、高校の時にニュージーランドに1ヶ月間のホームステイに行ったのです。

ひろびろ~ と広がる牧場を 馬に乗って駆け抜けたい…… と夢見て。

そして、現実にそれを実行した時、 また 再びここに帰ってきたい!!
と強く思いました。


学校を卒業してから、就職するにあたり、私は“ 人と接する仕事に就きたい” と
思うようになりました。
なぜか、デスクワーク的な仕事より、人と話したり、またお客様は商品に何を
求めて買いに来ているのかを推測したり そしてその目的に沿ったアドバイスを
したり……

つまり(販売の仕事が私には一番合ってる) という事が分かってからは、それ
一筋で仕事をしてきました。
今はコーヒー専門店で販売の仕事をして働いています。
毎朝、職場に来ると コーヒーの あのいい香りが店内いっぱいに広がり~
それだけでも、すごく幸せな気分を味わいます。
(*^_^*)





大好きな販売の仕事を始めて ずいぶん年月が経ち……
また“小さな日本を抜け出し、あの 広大な大きな国に行きたいっ!”

という、昔の夢が頭をもたげてきた時に、今度はワーホリでオーストラリアに行こう!
と決めました。

乗馬もずーっと続けていたので、 あの ひろ~い オーストラリアで馬に乗って、
今度は浜辺を さわやかに駆け抜けたい!

ワーホリの年齢制限ぎりぎりの(~_~;) 来年には出発だっ…と決めた1週間後には
スマイルに行っていました。
こうと決めたら行動が早いのが、私の取り柄です。





スマイルの第一印象は…
【教室がなぜか心地いい】そして
【通うのに とても便利】でした。

レッスンを出来るだけたくさん受講したい と思ってたから、まず 通いやすい場所
じゃないとダメだし。

その点、スマイルは地下鉄(赤坂駅)を上がって わずか2分だから、仕事帰りに
すぐ行ける… これはけっこう大切なポイントです。

じゃないと続けられないし、語学は続けないと 意味がないし。

(教室が気持ちいい)のも、わたし的には重要。

また来たいなぁ~ と思えないと、いくらレッスンが良いレッスンであっても
アウト。(~_~;)

そして、スマイルはいつでも好きな時間にレッスン受講できるから、
「あっ、今日は行ける!」と思ったら、メールで予約して すぐ行きます。





来年の今頃は、出発直前の英会話の追い込みに忙しいだろうなぁ~。

一年間のオーストラリアへのワーホリから帰ってきたら、また人と接する仕事が
したい。
今度は英語もうまくなっている予定?(笑) だから、ホテルのフロントデスクか
またはコンシェルジュ とかで働きたい。

はたまた、オーストラリアで誰か素敵な人と知り合って 結婚する かも… !!!!
(きゃー これが一番 いいなぁ~~~ )

その夢を実現するには、今日もまた英語のレッスンをがんばろう!

と思う毎日です。(*^_^*)
(副島)  


Posted by デザインはんこ at 10:11Comments(0)ワーキングホリデー

2014年06月02日

ブログ第9弾……ラップミュージックの歌詞の意味が知りたい!

僕はラップミュージックが大好きで よく聞くんだけど、彼らは英語でしゃべり
まくるし スピードは速いし さらに スラングが沢山あって、 ほとんど何を
言ってるかわからない。(T-T)

でも なぜか惹かれる…

いったい何をあんなに一生懸命 言ってるんだろう?
なんか…心からの叫び
(ちょっと大げさ(~_~;))

その溢れる感情をビートに乗せて、話すように流れていくリリックス。

彼らはいったい何が言いたいんだろう?

どうしても知りたい!!


で、それを解明するために 英会話教室を探すことにした。(笑)






ぼくの仕事は投資信託などの仕事を自宅でしてるので、時間は自由がきく。

けど、その代わり 深夜に ストックマーケット(株式市場)が開くから、それから
仕事して寝ると だいたい起きるのは昼の2時過ぎ。
それから スマイルに行くから、だいたい いつも3時半のクラスを受ける。

毎日 3時半クラスを受けても レッスン内容は必ず毎回違ってるし、
受講するメンバーも その都度 変わるので、楽しいし 飽きがこない。(*^_^*)






この【自分の好きな時間にレッスン受講できる!】

というのが、スマイルを選んだ 大きなポイントになったし、他の英語教室と
違うとこだと思った。

「あなたは初心者だから、木曜日の7時クラスです。」って決められたら、
習いたくても、その時間がダメなら意味ないし、
どんな予定になるか 先の事はわからないし…

「行きたい!」と思った時に行きたい。


また 例えば1ヶ月の旅行がしたい… って思った時に、スマイルなら レッスンを
受けてない期間の月謝は払わなくても いいし、たとえ払った後でも 旅行から
帰ってから レッスン受講に使える
この“振り替えレッスン”のシステムもあり、 払ったレッスン料は絶対に無駄には
ならない。

これって、クールじゃないですかっ ?!






もう1つのポイントは…

まず、英会話教室に“ネイティブの先生”がいないのは、本物の英会話教室
じゃないと思う。

ネイティブの言葉なんだから、やっぱり本物の発音や言い回し (これは いくら
日本人が頑張っても残念ながら ダメ…(~_~;)) を聴いて 会話の練習をしないと、
現実にネイティブを相手に会話ができない。
でも、ネイティブの先生だけの教室も充分じゃない。
なぜなら、例えば相手が何を言っているか分からないのに“会話”はできないから。
つまり、きちんと日本人講師から“ききとり”のトレーニングを受けないといけないと思う。
ただ何となくペラペラ言ってても、それが正しいかどうかを文法的に教えてもらう
必要があると思う。

じゃないと、
いつまでも“正しい英会話”は出来ない人になる…
(またまた オーバーで偉そうー。すんまっせん(~_~;))

つまり、ネイティブ講師と日本人講師の両方のきちんとしたレッスンを受けるのがベスト!
これも、スマイルは条件を満たしていた。
おまけに非常にリーズナブル。
この内容でこのレッスン料はあり得ない!(笑)

それで、最初の目的は“ラップ歌詞の理解”だったのが、
今は 外国人と英語で「あのミュージシャンのラップの内容をどう思う?」
みたいに、話ができたらいいなぁ~ と思っている。 (権藤)  


Posted by デザインはんこ at 09:35Comments(0)スマイル物語

2014年05月08日

ブログ第8弾…… 【50歳からの手習い (*^_^*) 】

週に4日はスマイルに行って英語の勉強をするのが.私の今の“生活スタイル”なんです。

まず朝 起きて午前中に仕事が無ければ、朝食後に志度をすませ 英語のレッスン用
ノートとすごく書きやすい お気に入りのシャーペン。
それと、英語の勉強に必要不可欠な“電子辞書”を 大好きなジャスミンティーの入った
ペットボトルと一緒に レッスンバックに入れて、学生時代に舞い戻った気分でスマイルに
行きます。





スマイル教室にはだいたい車で行きます。
30分走らせ 大名にある駐車場で一番安い… (たぶん)に車を置いて、
教室に入ったら 勉強モードまっしぐらっ!! (笑)

レッスンを午前中の2クラス続けて受講したら、近くのカフェか蕎麦屋さんで
ランチして また午後から1クラス(90分)のレッスンを受ける。

思いっきり英語の勉強をした 充実感と軽い疲労感…やはり強がっても、
実年齢にはかなわない… (~_~;)
でも この充実感と疲労感 そして大きな満足感はお金では決して買えない!!
何とも言えない“学ぶ事”の喜び。


学業を終えてからも、ずーっと“英語の勉強がしたいなぁー…”と思い続けて
来ました。
子育ても終わり 仕事も落ち着いて.今やっと思いっきり勉強が出来る!

ふとっ それを実行している現実の自分に気が付き、嬉しくてしようがない…
と感じたりします。





“習い事が出来る”ー こんな幸せな事はない! とつくづく思います。

まず心も身体も元気じゃないと出来ない。
友人で習い事をしたくても、健康を害した為に出来なく残念がっている人がいます。
そう考えたら、私は元気で こうして複雑な文法もまだまだ考える事が出来るし、
単語やフレーズも努力して覚えられるし…

それにスマイルは楽しくレッスンしているうちに自然に覚えてた って感じだし。 (*^_^*)
第一に“学びたい!”という気力が少しも衰えていないし…。


また経済的にもちょっとは余裕がないと習えない。

私は幸い 夫から
「英語をやりたかったらやれば。出来る時に勉強した方がいい。人間は一生
勉強すべきだよ。」と なんとも嬉しいお言葉を頂き…。





レッスンを受ける度に、
あ~ 文法って知ってしまうとこんなに楽しいことなのか…
こんな風に英作すればいいんだ…
聞き取りのコツなど…
少しづつだけれど 解ってきたように思います。今度は英検2級にチャレンジして
みるつもりです。
合格する自信は今のところ75%ぐらいですが…。


人間は学ぶ事に【幸福】を見出だす 唯一の動物だ と言われています。

今 学びたいって思う この時にこそ、出来るだけ沢山のことを吸収し 充実した
日々を送りたい! と願っています。

長い人生の この時を 私は“学びの章”と名づけました。
まだ当分は この章が続くと確信しています。

なぜなら、私は【スマイル英語教室】を見つけてしまったから… (*^_^*)

(竹下)  


Posted by デザインはんこ at 08:44Comments(0)スマイル物語

2014年04月11日

ブログ第7弾…… 【いつか “夫の転勤” で外国に住むかも知れない日のために…… 】


英語は学生の時から好きで興味を持っていたので、いつか習おう~ と思っていたのですが、
非常に具体的に「習おう!」と決めたのは、夫が転勤で外国暮らしになるかも… (~_~;)と
言った時です。

初めは「えーっ!」と驚きましたが、よ~く考えてみれば これが人生で外国に住む 唯一の
チャンスだっ と思い直し、英語教室を探しました。

私は関西出身で 結婚してから福岡に来たので、あまり福岡の事も分からず…
ある日 ランチを食べようと地下鉄の赤坂駅で降りて 大名あたりをぶらぶら歩いていた時に、
大きな看板「スマイル英語教室」を見つけました。

その看板の上には
「月謝6000円」
「入会金0円」
「受け放題は10000円」

という文字が…。
家に帰ってからも それが目に焼き付いて離れませんでした。

とにかく問い合わせてみようっ!
と思い 説明会の予約メールをしたら すぐに返事が返ってきて、夫の仕事がない土曜日に
二人で一緒に詳しい説明を聞くことにしました。





説明会の後は 無料体験レッスン… (なんと1回のレッスンが90分とタップリあり、
しかも3クラス)… を受講し、すぐ入会して習い始める事に決めました。

スマイルに決めた唯一の理由は
このレッスンなら長く続けていける…と思ったからです。

以前 読んだ本にこんなような事が書いてありました。

【語学の習得には時間がかかる。
そんなに短時間で習得できるものじゃない。
例えば“会話の9割はききとり”と言われるが、その(ききとり)も、かなりの時間がいる。
なが~く学び続けて そして訓練(質の良いレッスン=これは重要なポイント!)を受け続けて
こそ やっと獲得できるものである。

でも、救われる事は訓練(レッスン)の時間の問題であって、あなたの頭の問題ではない!
つまり 質の良いレッスンを長く受け続ければ誰でもペラペラになれる】
(*^_^*)





夫も会社でTOEICの点を上げるように言われていたので、TOEICクラスを受講し、
つい先日の結果は800点以上
(※これはほんとに素晴らしい点です!!! スマイルのMs,Ogaより)
を取り大満足です。

私も会話が少しずつではありますが上達してきたのを実感し、いつ転勤命令がでても
OKのように日々のレッスンに励んでいます。





でも何より一番うれしいのは
(レッスンが楽しい)という事です。
楽しくないと続けられないし、いやいや強制されたようにやっても つらいだけだし…。
楽しくレッスンを受けるのが、一番のポイント!
スマイルはその願いを叶えてくれていると思います。
夢中でレッスン受けてるうちに、あっという間に90分が終わる!
というかんじです。

私は“受けたい放題10000円コース”なので ほぼ毎日(1日に2クラスぐらい)受講しています。
夫は仕事が忙しいので、
“月謝6000円”で土曜日の
“TOEIC”そして たまに “総合”を受講したりしています。


いつでも「来月 アメリカ支店に転勤です!」と言われてもいいように、
用意万端にしておきたいのです。
(井上)  


Posted by デザインはんこ at 09:46Comments(0)

2014年03月10日

スマイルブログ第6弾……ヨーロッパに約一年間の留学をする高校2年生

私はこの夏 生まれて初めて親元を離れ、外国で約1年間を暮らす事に決めた、
4月から高校2年生になる牛島です。

私が留学したい… と思ったのは、中学3年のとき。
私のお父さんは高校生の時にアメリカに1年間 留学した経験があり、お母さんは
大学の専攻がスペイン語学科だったことから、スペインに2ヶ月 留学してた…

それに その両親が自らホストファミリーとなり、今までに何回も外国から留学生を
受け入れていた。

つまり小さい頃から、外国に興味をもち

“外国ってどんなところかなぁ~” とか
“この人達が生まれた育った家はどんなかんじだろう? ”
“どんな生活をしてるんだろう?”

とか空想するのが好きでした。




だいたい みんなは(留学)と聞くと=アメリカ や カナダ とか思うけど、私はみんなと
同じじゃなく……
ヨーロッパの静かな自然がいっぱい溢れたかわいい町がいい!と思い、オーストリアに
決めました。

それに オーストリアは私が小学生の時に家族旅行して、また来たい!と思った国
だからです。

そこで、高校生の留学では草分け的で信頼性の高い留学機関(AFS) の試験を
受けたところ、みごと合格しました。(o(^-^)o)




オーストリアの公用語はドイツ語ですが、オリエンテーションは英語だし、世界のいろんな
国から留学生がやって来るからには、共通語の英語ができないとコミュニケーションとれない!
せっかく知り合いになっても 意志の疎通 が図れないと意味ないし…

という事で、スマイル英語教室に問い合わせをしました。
実はAFSの資料の裏に(スマイル英語教室)の広告が載っていて、私の高校から近いから
学校が終わってからスマイルに寄ってレッスン受講して帰れるし、土曜日もエコルカードを
使えばいいし… (≧∇≦)




レッスン始めて、やっぱり“ききとり”の大切さをつくづく実感しました。

いくら自分が言いたい事を伝えても、それに対して相手が何を言ったか わからなければ
話にならない…
それは聞いていたけど、実際にレッスンでしてみると、ちゃんと正しく聴き取るは相当の
訓練がいるのがわかります。
時には 「わぁ スピード早いっ!
もっとゆっくり言ってくれないかなぁ~(~_~;)」

と思う事はしょっちゅうですが、レッスンは集中してるせいか あっという間の90分です。




来年の今頃はオーストリアのどこかの高校でクラスメイトと、またホストファミリーと
英語(ドイツ語かな?)で楽しく話をしている事を夢見て 日々のレッスンを受けています。

もうすぐ始まる春休みは(受けたい放題)で、毎日am10時~pm5時まで、英会話に必要な
文法の勉強、ケント先生とのスピーキング 、すごく大切なリスニングのトレーニング、を中心に
時間を有効に使い留学に備えるつもりです。
ほんとに 楽しみ !

(*^_^*)  


Posted by デザインはんこ at 13:13Comments(0)ワーキングホリデー

2014年02月03日

スマイルブログ第5弾・・・私が英会話を習う理由は....? 単なる趣味!

今回のブログ登場者は今までみたいにワーホリや仕事の為に英語を習うのとは違い、
英会話を習う理由は… まったくの趣味です!という森長さんです。




毎日 満員バスで会社に行き、可もなく不可もなく平均的に仕事をこなし 帰宅する生活。
特にこれと言った不満はないけど、何かが欠けてる。
こぅ~ なんかパッションと言うか、情熱というか……
(あのー、パッションと情熱は同じことなんですけど。(~_~;)
とにかく何かしたい!!

魅力ある事に夢中になりたい!
で【英会話 福岡中央区】 で検索したら、 2番目にこの[スマイル英語教室]がでて来た
…という訳です。




それで説明会だけ聞いて 入会しなくてもいいんだー と自分に言い聞かせ、説明を
聞いてみたら…なんと意外と面白く(会話をするってどういう事なのか?とか)、
今までの英語教室とは 'ちょっと違った観点' から英会話というものを考えて教室の
ポリシーが出来てるんだなぁー などと英語とは関係ないけど、考えさせられるものが
ありました。




で最初に戻りますが、まぁ無料体験レッスンだけ受けて 入らなければいいや!
と思ってたのが、いつの間にか8ヶ月も経って 現在に至る… というのが私の場合です。

1週間に1度、たまに気が向いたら2度くらい。
また逆に2週間に1度って時もある。(-_-;)

でも、スマイルのいいところは自分の好きな回数のレッスンを受講できるってとこ。
毎日行く人もいれば、月に1回って人もいる。




仕事帰りに 軽く夕食を済ませて, また土曜日の夜にリラックスしてスマイルに
行くのが今では唯一の楽しみです。

毎回 必ず笑わせてくれる人(彼は笑わそうとは思ってないけど、何故か彼の
言動すべてが私の笑いを誘う :D)や 私と同じように文法とかが解らない人が
新たに来られたりすると、なんだか安心したり…

メンバーはその都度違うので、毎回 雰囲気も違って楽しいし、行くたびに単語を
一つでも覚えたり、聞き取りが少しでも解ったり、先生の楽しい 時には考えさせられる
トピックを聞いたり…




なんか単調な刺激のない生活にだんだんと色がつけられて行くみたいです。

それで、ちょっと上手くなったら10日間くらいイギリスにプチ留学がしたい!
そしてカッコいい外国人とカフェで話がしたい…
(*^_^*)
その日を夢見て 日々がんばっています。 と言いたいけど、現実はすごく
マイペースで いやスローペースで(≧∇≦)楽しみながら習っています。  


Posted by デザインはんこ at 18:07Comments(0)ワーキングホリデー

2014年01月10日

スマイルブログ第4弾・・・これから世界に羽ばたく若き中学生!

中1の山田君は去年の夏休み前に、お母様が(これから将来を担う子供達は
英語が出来ないとダメ!)と思われ、長男の零(れい)君をスマイル英語教室に
連れて来られたのが初めての出会いでした。

なんせ中学一年で、学校では まだたったの3ヶ月しか 英語を学んでないので、
文法どころか単語の数からして足りないしなぁ… と説明会の時に私(説明をする
大賀です)は ちょっと心配でした。



ところが その心配は全然 必要なかった! と思わせる展開になっていった事を
報告したく、今回のブログ登場となりました。(*^_^*)
山田君本人に聞いてみました。

1)… 習い始めた頃の感想を聞かせて。

きっかけはお母さんが「英語を今からやっとったらいいよ。これからは英語の
時代よ!」ってほとんど脅し文句に近い勧めと、僕も英語にはちょっと興味が
あった。
まぁカッコよくペラペラとしゃべってみたいなぁー って。でも習いに行くのは
めんどくさい…とも思ってた。



2)… それで 習いだしてからの感想は?

初めの頃は 他の生徒はみんな大人で 中学生は僕1人だし何を言ってるか
聞き取るのが全然わからんで困ったけど、先生が僕のすぐ隣に座って僕だけに
特別に英語を聞きながら、その原文(スクリプト)を見せてくれたので、 レッスン
回数が増えていく度に だんだんとスクリプトを見なくても なんとなく何を言って
るか分かるようになってきた。
完璧にセリフが聞き取れて意味がわかった時はちょっと感動だった。:D

3)… 年末つまり2学期が終わる頃は なんか良い事があった!(*^_^*) と
   お母さんから聞きましたが…?

うん、まず学期末試験の英語のテストで98点取った。( 英語で98点? すごい!)
しかも2学期の英語の通知表が 5 だった。通知表で 5 を取ったのは初めてで
すごい嬉しかった。:D
これは もちろん毎回レッスンの時にはお母様が連れて来て下さっているお陰です。
語学を習得するには かなりの'時間' がどうしても必要です。 それもかなり長い時間が。
だから習得するまでに諦めてしまう…
でも考えようによったら、1度習得してしまえば、その力は逃げては行かない ならば
習得するまで継続するしかない、まさに'継続は力なり!' に尽きると思います。
だから、山田君が '5'を取ったのも毎回、スマイルに連れて来られたお母様の力が
半分だと思います。



もちろん 山田君の中1とは思えないネイティブっぽい発音の良さと、やはり
基本的に英語が好きという理由は歪めないと思いますが…。
そして それを見ぬいたお母さんのお手柄ですよね。
子供は自分で何に向いてるかが、なかなかわかりません。そこで親が見抜いて
トライさせてみる必要があると思います。

最近は聞き取りだけでなく、文法やそれに関連して英作(とっさの一言)も他の大人の
生徒さん達に負けないくらい上達してきた事は明らかです。(*^_^*)
これからもっともっと伸びていく山田君に、私は今から(将来 山田君はどんな仕事をする
のかなぁ?)と、スマホでゲームをしながらレッスンを待っている彼を見ながら想像して
います。
(この事はお母さんに知られたら まずかった?山田君 笑)  


Posted by デザインはんこ at 11:40Comments(0)